リスニングで聞き取れない理由を解説します。

MENU

リスニングで聞き取れない理由とは?

リスニングで聞き取れない理由を解説します。

リスニングで聞き取れない理由は
いくつか存在しています。何が原因で
聞き取れていないのかは、
ディクテーションをやって調べましょうね。
それでは、1つ1つ見ていきましょう。

英語の語彙力がそもそもなくて聞き取れていない

そうですね。英語の書き取りのディクテーションをやってみて
実際の英文だけを見て、ほとんど知らない単語だったという
状況ならば、語彙力を増やす勉強にもどるべきでしょう。

 

リスニングはある程度の、読む力があって
はじめて理解できる分野なので、リスニングの勉強は少し
後回しにしたほうがいいケースですね。

前置詞や冠詞が、うまく聞き取れず道の単語に聞こえているケース

これは私もよく間違っていた部分です。
ある程度のスピードで語られると、このあたりは
わざわざしっかりとわかるように発音ってしてもらえませんから
苦労するポイントだと思います。

 

一朝一夕で学習できる部分ではありませんが
この部分の対策としては、

 

1:聞き取れなかった部分を集中して聴きなおす
2:自分でも音読してその文章を話してみる

 

であった箇所をその都度、
これをやっていくことが唯一の近道といっていいですね。
私はコレを繰り返していくうちにわかるようになっていきました。

「期待している音」と「実際の音」がズレているから聞き取れない

"check it out"=「チェケラウッ」
"get it out"=「ゲリラッ」

このような発音に実際は近い形で会話中は登場します。
もし、あなたが「チェック イット アウト」だったり「ゲット イット アウト」みたいな
発音を期待して聞いていたら、まず聞き取れないです。

 

リスニングでは、こういう私たちがこの単語はこういう発音で
言ってくれるだろうという、間違った期待をいかに矯正できるかが
リスニング力を鍛える大きなカギになるといえるでしょう。

 

対策としては、精読しながら正しい発音を覚えて
自分でも実際に発音していくという訓練を続けることが唯一の近見です。

 

自分が何をよく間違うかを見つけるところが一番大事です

精読とディクテーション(聞いた英語の書き取り)を通じて
何が問題かを発見することが一番大事です。

 

問題がわかるということは、改善ポイントが見つかるということで
成長のプロセスを掴むことにつながるんですから。
リスニングは時間がかかる分野なので根気よく頑張っていきましょう。

リスニングで聞き取れない理由を解説します。関連ページ

リスニングは知力ではなく聴く力を鍛えるトレーニング
リスニングは英語の構造とリズムを知る勉強である
英語リスニング教材の正しい選び方を解説
リスニングの流し聞きで慣れることから入る
リスニング教材で初心者が劇的にスキルアップするまでの流れ
リスニングでは精聴と多聴のバランスがカギを握る
英語耳になる王道の勉強法
リスニング力をあげるディクテーションのやり方
リスニング勉強法のコツはテキストを見ないで聞くことにアリ
英語の音読で効果をあげるには、正しい「音」を覚える
発音とリスニングの関係を知り、英語力を高める
リスニング力をあげたいならばリスニングの勉強のみはダメとプロが斬る!
リスニング力をあげる聞き流し勉強法についてプロが斬る!
英語リスニングの初心者は日本人の教材から学ぶことが吉!
リスニング力をあげる聞き流す英語教材を使った勉強について
英語リスニングの勉強は「量」より「質」を重視すべし!
リスニングの練習で気をつけるべき学習の3ステップ
英語のリピーティングは初心者にとって効果的!?
英語リスニングの音読は、「意味の固まり」を意識して勉強しよう
英語の勉強で速読はするな!リスニング力をあげる速音読のすすめ
英会話力を鍛えるために風呂場で音読トレーニングをしよう
口を開けないシャドーイングが英語リスニング力をあげる?
ある日突然、英語が聞き取れるようになることはウソである
英語リスニング力が飛躍的に伸びる意外な教材と活用法
オーディオブックでプロの音読をリスニングしよう!
英語リスニング力を確実に上げる定期検診法を紹介!
リスニングは「好きな声」の人の教材を聞いて学ぶべし
最強のリスニング学習法のディクテーションの具体的な方法
英語リスニングは散歩しながら勉強が集中できるの!?