発音とリスニングの関係を知り、英語力を高める

MENU

発音とリスニングの関係を知り、英語力を高める

発音とリスニングの関係を知り、英語力を高める

意外と思うかもしれませんが
リスニングの聞き取る力を身につけるには
自分が発音できるようになる必要があるのですが
そのためには、発音記号を正確に覚える必要があります。
そして、それが真似できたら
その音をリスニングでも正しく認識できるようになります。

発音記号と読み方

母音 発音の仕方
短く「ア」と発音 日本語の「ア」とほぼ一緒
「ア」と「エ」を同時に言う感じで「ア」
口を大きくあけて「アー」と言う
「ア」と「ウ」を同時に言う感じ
日本語の[エ]よりやや口を広げる
[ai][au]の形で使う。
子音 発音の仕方
唇を開けてはじくように 「息」 を出す感じ
「ア」「ウ」の母音を言わずに「バ」という感じ
息を吐くと同時に舌先を歯茎の裏側から放し「タッ」に近い音を出すイメージ

 

ほんの一例ですが、発音記号を覚えて
それを自分も真似ることができたら
できるものは、脳が認識できるようになるので、結果として
リスニングで聞き取れる英語の幅が増えることになります。

 

難しいとは思いますが、発音も視野にいれて
取り組んで行きましょう。

どうしても発音に苦戦するようなら

発音,リスニング,関係

実際にネイティブ講師とCGを使って
発音の仕方を具体的にレクチャーしてくれるので
真似がしやすく発音の早期取得も可能です。
また、リエゾン(通常は発音されない語尾の子音字が次に続く語の語頭母音と結合して発音)にも対応しているので
実践的な英語の発音の流れも学べるのが特徴になります。
⇒ ネイティブスピークの解説はこちら

発音とリスニングの関係を知り、英語力を高める関連ページ

リスニングは知力ではなく聴く力を鍛えるトレーニング
リスニングは英語の構造とリズムを知る勉強である
英語リスニング教材の正しい選び方を解説
リスニングの流し聞きで慣れることから入る
リスニング教材で初心者が劇的にスキルアップするまでの流れ
リスニングでは精聴と多聴のバランスがカギを握る
英語耳になる王道の勉強法
リスニング力をあげるディクテーションのやり方
リスニングで聞き取れない理由を解説します。
リスニング勉強法のコツはテキストを見ないで聞くことにアリ
英語の音読で効果をあげるには、正しい「音」を覚える
リスニング力をあげたいならばリスニングの勉強のみはダメとプロが斬る!
リスニング力をあげる聞き流し勉強法についてプロが斬る!
英語リスニングの初心者は日本人の教材から学ぶことが吉!
リスニング力をあげる聞き流す英語教材を使った勉強について
英語リスニングの勉強は「量」より「質」を重視すべし!
リスニングの練習で気をつけるべき学習の3ステップ
英語のリピーティングは初心者にとって効果的!?
英語リスニングの音読は、「意味の固まり」を意識して勉強しよう
英語の勉強で速読はするな!リスニング力をあげる速音読のすすめ
英会話力を鍛えるために風呂場で音読トレーニングをしよう
口を開けないシャドーイングが英語リスニング力をあげる?
ある日突然、英語が聞き取れるようになることはウソである
英語リスニング力が飛躍的に伸びる意外な教材と活用法
オーディオブックでプロの音読をリスニングしよう!
英語リスニング力を確実に上げる定期検診法を紹介!
リスニングは「好きな声」の人の教材を聞いて学ぶべし
最強のリスニング学習法のディクテーションの具体的な方法
英語リスニングは散歩しながら勉強が集中できるの!?