リスニングでは精聴と多聴のバランスがカギを握る

MENU

リスニングでは精聴と多聴のバランスがカギを握る

リスニングでは精聴と多聴のバランスがカギを握る

精聴とは、同じ物を何度も聴くなどして
100%の理解を目指すやり方に対して
多聴とは、まんべんなく多種の音声を聴き
英語慣れする練習法と思ってください。
これは、どちらが良いとかではなく
バランスが大事になってきます。

はじめは、100%理解の精聴モードでリスニングの勉強をする

精聴で特にチェックしてほしいポイントがあります。

知っている単語と実際の音を一致させる努力をする
リズムを知り、英語の音を聞き分けられるようになること

あまり手を広げなくていいので、1つのリスニング教材の中でも
1ブロックの内容を何度も何度も聞いて、
わからない音がない状態」にしてください。

 

ほったらかしにすると同じようなものは
いつまでたってもわからないままになります。

 

逆に、初めのうちは数は少なくとも、しっかりと100%理解を目指したら
別の会話をリスニングしたときに、はじめて聴く内容もある程度、理解できる状態になります。

 

英語の構造がわかってくるので、
感覚的にわかっていくことが可能です。
この感覚がわかりはじめたら、多聴をやってみましょう。

 

多聴をやってみえてくるもの

慣れないうちは、精聴のみで大丈夫なのですが
TOEICとか試験対策では、はじめて聴く音声に対して
2回ほどの繰り返しで、きちんと聞き取れなければいけません、

 

多聴をすることで、初見でどれくらい聞き取れるかなというのを
現時点の自分のレベルを把握するのに役立ちます。
このスタイルでリスニングの勉強に取り組んでもらえたら幸いです。

30科目のレッスンで構成されたリスニング教材

リスニング力,精聴,多聴

1レッスンあたりのボリュームがちょうどよく
中級者向けくらいを想定した内容まで
もちこまれている、リスニング教材です。
10科目目くらいを基準に頑張ると
いい感じに力が身につくことでしょう。

 

英語ぺらぺら君中級編の詳細はこちら

リスニングでは精聴と多聴のバランスがカギを握る関連ページ

リスニングは知力ではなく聴く力を鍛えるトレーニング
リスニングは英語の構造とリズムを知る勉強である
英語リスニング教材の正しい選び方を解説
リスニングの流し聞きで慣れることから入る
リスニング教材で初心者が劇的にスキルアップするまでの流れ
英語耳になる王道の勉強法
リスニング力をあげるディクテーションのやり方
リスニングで聞き取れない理由を解説します。
リスニング勉強法のコツはテキストを見ないで聞くことにアリ
英語の音読で効果をあげるには、正しい「音」を覚える
発音とリスニングの関係を知り、英語力を高める
リスニング力をあげたいならばリスニングの勉強のみはダメとプロが斬る!
リスニング力をあげる聞き流し勉強法についてプロが斬る!
英語リスニングの初心者は日本人の教材から学ぶことが吉!
リスニング力をあげる聞き流す英語教材を使った勉強について
英語リスニングの勉強は「量」より「質」を重視すべし!
リスニングの練習で気をつけるべき学習の3ステップ
英語のリピーティングは初心者にとって効果的!?
英語リスニングの音読は、「意味の固まり」を意識して勉強しよう
英語の勉強で速読はするな!リスニング力をあげる速音読のすすめ
英会話力を鍛えるために風呂場で音読トレーニングをしよう
口を開けないシャドーイングが英語リスニング力をあげる?
ある日突然、英語が聞き取れるようになることはウソである
英語リスニング力が飛躍的に伸びる意外な教材と活用法
オーディオブックでプロの音読をリスニングしよう!
英語リスニング力を確実に上げる定期検診法を紹介!
リスニングは「好きな声」の人の教材を聞いて学ぶべし
最強のリスニング学習法のディクテーションの具体的な方法
英語リスニングは散歩しながら勉強が集中できるの!?