リスニングは知力ではなく聴く力を鍛えるトレーニング

MENU

リスニングは知力ではなく聴く力を鍛えるトレーニング

リスニングは知力ではなく聴く力を鍛えるトレーニング

世の中には、リスニングを鍛えれば
英語に必要な全能力があがって
何不自由なく英語のスキルがアップします・・・

 

という情報も飛び交ってたりしますが
それができたら、苦労がないですというのが現実です。

リスニングは、聴く力を鍛える筋力トレーニングのようなもの

リスニングは、英語の知識や知力を養うものではなく
英語耳にするための聴く力の筋力トレーニングのようなものです。

 

日本人が一般的に、英語のリスニングが苦手で
なかなか、伸びにくい分野なのにはワケがありまして

 

日本語慣れしていると、日本語の語源にはない
英語特有の「周波数」というものが存在していて
これのために、英語の発音が聞き取りにくい状態となっています。

 

少し専門的なお話をしますが
言葉には、子音(高周波)と母音(低周波)が存在しています。

 

日本語は、子音の後ろに必ず母音がつく言語なので
低周波の領域で、日々会話していることになります。

 

対して、

 

英語は子音だけの音節が存在していて
母音の低周波の日本語で慣れている私たちにとっては
非常に聴きづらいものとなっています。

 

だからこそ、リスニングをやることで
聞きなれない高周波数の部分を鍛えて英語を聞き取れる
トレーニングをして英語耳になる必要があるのです。

 

リーディング力や英語の語彙力がたくさんあったとしても
リスニングの高周波の部分に慣れなければ、聞き取れずに
ビジネスで通用する英会話もできなくなるので、
ぜひ、リスニングで聞き取れない高周波に慣れる訓練も兼ねていると覚えておいてくださいね。

高周波と低周波の別れた領域を埋めるリスニング教材

リスニング,聴く力

英語の聞きなれない高周波数の
音域に慣れるための特殊な周波音波をいれて
英語耳なれさせる王道のリスニング教材とは?

 

スコットペリー先生の贈る
リスニングパワーの詳細はこちら

リスニングは知力ではなく聴く力を鍛えるトレーニング関連ページ

リスニングは英語の構造とリズムを知る勉強である
英語リスニング教材の正しい選び方を解説
リスニングの流し聞きで慣れることから入る
リスニング教材で初心者が劇的にスキルアップするまでの流れ
リスニングでは精聴と多聴のバランスがカギを握る
英語耳になる王道の勉強法
リスニング力をあげるディクテーションのやり方
リスニングで聞き取れない理由を解説します。
リスニング勉強法のコツはテキストを見ないで聞くことにアリ
英語の音読で効果をあげるには、正しい「音」を覚える
発音とリスニングの関係を知り、英語力を高める
リスニング力をあげたいならばリスニングの勉強のみはダメとプロが斬る!
リスニング力をあげる聞き流し勉強法についてプロが斬る!
英語リスニングの初心者は日本人の教材から学ぶことが吉!
リスニング力をあげる聞き流す英語教材を使った勉強について
英語リスニングの勉強は「量」より「質」を重視すべし!
リスニングの練習で気をつけるべき学習の3ステップ
英語のリピーティングは初心者にとって効果的!?
英語リスニングの音読は、「意味の固まり」を意識して勉強しよう
英語の勉強で速読はするな!リスニング力をあげる速音読のすすめ
英会話力を鍛えるために風呂場で音読トレーニングをしよう
口を開けないシャドーイングが英語リスニング力をあげる?
ある日突然、英語が聞き取れるようになることはウソである
英語リスニング力が飛躍的に伸びる意外な教材と活用法
オーディオブックでプロの音読をリスニングしよう!
英語リスニング力を確実に上げる定期検診法を紹介!
リスニングは「好きな声」の人の教材を聞いて学ぶべし
最強のリスニング学習法のディクテーションの具体的な方法
英語リスニングは散歩しながら勉強が集中できるの!?