MENU

英語の発音を覚える際に気をつけておきたいこと

英語,発音

 

英単語は、読み書きだけでなく
聞き取りや話したりする必要もあるので
「発音」も気を配る必要があります。
それを踏まえて、どう向き合うと良いかを解説しますね。

 

英語の発音を覚える際のポイント

発音記号を丁寧に覚える必要はない

英語の発音を覚える際に気をつけておきたいこと
発音を覚えるために、発音記号から丁寧に覚えようとする人がいます。
間違いではないですし、できることに越したことはないですが
発音記号から丁寧に覚えていくと、大変です。

 

実際問題、英語が使えればよいので
発音記号を100%覚えることはしなくてかまいません。

 

日本で習う、中学・高校レベルで学習する
英単語の場合、ほとんどはアルファベットの構成のものが多いので
発音記号の中でも、特殊なよく見かけるものをプラスして
覚えるくらいでよいでしょう。

 

発音特化教材のネイティブスピーク

 

発音の部分を効率よくマスターして英語学習をやっていきたい人は
こういうものもありますので、参考までにです。

 

はじめのうちは発音記号は、日本で区別されていない音を
区別するためのツールなんだという気持ちでいたらいいのかなと思います。

 

ネイティブみたいな発音になる必要があるのか?

英語の発音を覚える際に気をつけておきたいこと
結論をいえば、自分がネイティブのようは発音をできるようにならなくても良いです。
でも、ネイティブ英語を話す人の「聞き取り力」は必要になります。

 

こう覚えておくとよいでしょう。なので、ネイティブ英会話系の教材で
勉強することは意味があります。聞き取り力を身につけるという意味でです。

 

ちなみにですが、今の世の中では
英語はグローバル化が進み、ノンネイティブとして
英語を使う人の方が圧倒的に多くなっています。

 

ノンネイティブとネイティブでわたしが違いを感じているのは
ノンネイティブの人たちは、アクセントがしっかりしている特徴があります。

 

実際にビジネスでも、ノンネイティブ同士で話す機会が多い人の方が多いし
ネイティブのような発音を仮にマスターして話したとしても
逆に通じない可能性なんかも秘めていたりするのです。

 

ちょっと語弊があると思いますが、
ノンネイティブの人たちから見たら、ネイティブ発音の英語って
日本で言う「方言、なまり」が強い感じなイメージです。

 

ネイティブの人たちからしたら、ノンネイティブの方が
変ななまりのある英語のように感じているんだとは思います。

 

無理にネイティブっぽく話そうとすると逆に通じない

英語の発音を覚える際に気をつけておきたいこと
ネイティブの発音にならなくて良いと言いましたが
それでも、わたしはネイティブ英語を話せるようになりたいんだと
強く思っている人がいるとしたら、本場の英会話スクールで
直に指導してもらってください。

 

ネイティブのような発音をマスターするのは難しいからです。

 

一番、懸念しているのは、
自己流の英語発音になってしまうことです。

 

ネイティブにもノンネイティブにも通じない
残念な発音の英語が癖になってしまったら本末転倒なのです。

 

ネイティブを多少なりと意識して頑張るのは
もちろん良いですが、完璧なネイティブを目指そうとするあまり
自分で勝手な自己流の追求に走ることだけは辞めてほしいと強く思っているので
書かせていただきました。

 

ネイティブの発音に聞き慣れることは大事

英語の発音を覚える際に気をつけておきたいこと
自分が話す側で、ネイティブのような発音を
完全マスターする必要はないと答えましたが
聞いたら理解できる聴力の方は、鍛える必要があります。

 

英語で提供されるメディアの音声は
ネイティブ発音であることが多く
その音声に聞き慣れていないと、
英語で情報収集することが困難になるという側面があります。

 

英語で情報収集をしよう

 

こちらでも書きましたが、語彙力を増やす連鎖を起こすには
英語で情報収集する能力も鍛える必要があるのです。
そのために、ネイティブ英語を聞いて理解する能力は大事になります。
ということで、ネイティブの発音には慣れる必要があるということです。

 

ネイティブの聞き取りに慣れるためには

ネイティブの発音をマスターする必要はないと言いましたが
ネイティブの英語教材で、少し発音をネイティブっぽい感じに似せて
練習しておくと、ネイティブの英語も理解しやすくなっていきます。

 

ネイティブ・イングリッシュの解説レビュー

 

こちらで、初心者向けのネイティブ系の中でも
コミュニケーションに特化した解説をした教材があるので
こういったものを並行して取り組むのもよいでしょう。

 

ネイティブよりも大事な考え方

相手の言っていることを正しく理解して聞き取れるようになり
自分がしゃべる英語が正しく理解してもらえるように喋れるかが大事です。

 

聞き取りの方は、相手のレベルにあわせる必要がありますが
自分でしゃべるレベルは、相手に合わせる必要は無く
むしろ、自分のレベルで話しても相手にきちんと通じます。

 

ネイティブの発音よりも、きちんと正しく理解して伝えることを
意識して英語勉強に取り組んで行きましょう。

 

まとめ

発音記号を100%覚える必要はない
ネイティブのような発音にならなくてもOK
ネイティブ英語を聞き取れるようになる必要はある

発音に関しては、ものすごく神経質になる必要はありません。
基本的な部分の理解は必要ですけど
あまり深く考えないで、取り組んでいただければ幸いです。

 

 

 

英語,発音

 

 

 

プロが選ぶおすすめ英会話教材 プロが選ぶおすすめのオンライン英会話講座
英語,発音 >>詳しくはこちらをクリック 英語,発音 >>詳しくはこちらをクリック