MENU

アウトプットが英語取得の重要なカギを握る

英語,アウトプット

 

覚えた英語を形にして、しゃべったり書いたりすることを
アウトプットと思っている人もいるかもしれませんが
これを履き違えると、正しく英語力の定着が行われません。
まずは、アウトプットを正しく理解しましょう。

 

あるべき理想を想定したアウトプットをやるべき

アウトプットが英語取得の重要なカギを握る
英語の前に、私たちの母国語である日本語のことについて
少し触れたいと思います。さて、私たちは日本語ですら

 

言葉がうまくでないことってありませんか?

 

だから、英語の場合はなおさらつまりやすいというのは当たり前で
言いたいことの的を得た英単語が出てこないというのは
日常茶飯事に起こるりやすいものなんだということを覚えておいてください。

 

だから、実践的な英語力を身につけたければ

 

表現を思いつくスピードをあげて
日本語のように自然に話せるように練習しなければなりません。

 

アウトプットをする上での音読について

リスニング力、スピーキング力を鍛える上で音読の話を
いろいろな角度で解説しています。
音読というのはアウトプットにおいて一つの手段になるのですが
考え方を間違うと、英語力が身につく作業とは言えません。

 

これを機械的に、文章を読む作業になってしまっては
それは単純なリーディング(読む作業)であって
音を出していること以外は「インプット」しているだけなのです。

 

音読は「インプット」としての役割の方が大きいということです。

 

この音読は、機械的にやってしまうこともできるので
意味を考えずにやってしまったら「インプット」に
すらなっていない可能性を秘めています。

 

本当の意味のアウトプットとは
言いたいこと、「意味」を言語表現に変えるという
脳内で行うプロセスにあります。

 

「スピーキングの章」でも、話せるようになる流れに関して
詳しく解説していますが、意味や意図を考えながらやることが大事です。

 

音読してインプットしていたら、公園とかでこの情景を英語で言葉にしたら
どうなるだろう?みたいに思ったときに、ふと英文を作ることができたみたいなことが
できるようになることが大事です。

 

アウトプットはインプットによる学習効果をあげる

アウトプットが英語取得の重要なカギを握る
アウトプットは、何もないところから
例えば、今の心境とか情景を英語で言うとしたら
どうなるだろう?と考えて、意味から作成していくプロセスが
真のアウトプットと言いましたが、いきなりはできません。

 

だから、結局は膨大なインプットをやることがスタートになります。

インプット理解が重要で、インプットがなければ取得できないのですが
インプットだけでも、英語は取得することはできません。
アウトプットの機会、その必要性がないと取得できないようになっているのです。

 

「これ覚えても使わないだろうなー」みたいなものは
インプット作業をやったとしても、アウトプットする機会が
覚えても一生使わないだろうなというものは、意味がないということです。

 

とくに、わたしは社会人ならば

日常英会話を覚える
仕事で使う専門分野の英語を覚える

 

また、昇給や昇進のためにTOEICの勉強をやっているのならば
その目的のために、やっぱり日常英会話の部分をしっかり覚えて
試験によく出るであろう傾向の勉強に特化したほうが優位意義です。

 

アウトプットする前提だから細部を自然に覚える

アウトプットが英語取得の重要なカギを握る
インプットだけだったら、実は単語だけ聞いても
背景知識だけで、想像でカバーすることもできます。
例えばですけど…

The Ball was kicked by Shibuta. (※Shibutaは人名)

これは受身形の文法を使った例ですが
受身を知らなくても、もっと言えば英語を全く知らない人でも
意味はわかってしまうと思います。

 

ボールが、「Shibuta」を蹴ることは常識的に考えられないので
シブタがボールを蹴ったんだろうなということを
「背景意識」によって、正しく理解できてしまうのです。
でも、これだったらどうでしょう?

Mai was kicked by Shibuta. (※MaiとShibutaは人名)

これは「受身(be+過去分詞)」という中学で習う文法が
含まれているので、この受身というものを知らなければ

 

「マイがシブタを蹴ったのか?」
「シブタがマイを蹴ったのか?」

 

きちんと意味を理解しておかないと
場合によっては真逆に解釈してしまいかねないですよね?

 

こういう風に、アウトプットをしようとしたら
こういう細かい部分に気を使うようになります。
これが英語力をあげる上で重要なポイントなんです。

 

実践で使うものほど、いざ喋ろうとするとしたら
細かく考えるものです。話すだけでなく、書くアウトプットでもかまいません。

 

アウトプットすることで、細かい見落としそうな部分の重要性を
認識することができるので、インプットによる学習効率をあげることができます。

 

アウトプットするんだという前提で行動すれば
語彙力の定着にもつながるので、頑張っていきましょう。

 

英語,アウトプット

 

 

 

プロが選ぶおすすめ英会話教材 プロが選ぶおすすめのオンライン英会話講座
英語,アウトプット >>詳しくはこちらをクリック 英語,アウトプット >>詳しくはこちらをクリック