MENU

アウトプットの質をあげる英語勉強法をプロが語る

アウトプット,英語,勉強法

 

今回は、アウトプットの具体的な練習法であったり
効果の上がる勉強法について詳しく解説していきます。
それでは、下記のページよりご確認ください。

 

 

アウトプットの効果的なテクニック勉強法

インプットした情報の感想を英語で言うようにしてみよう

アウトプットの質をあげる英語勉強法をプロが語る
今日、勉強したことにたいする感想を
英語で表現したらどうなるかな?というのを考えてみてください。

Well, I really don’t agree.
I think 〜

こんな感じで、感想を考えて形にするようにしてください。
この気持ちに関する単語ってなんだろう?と調べていく
過程でインプットにもなります。

 

英語で情報収集しよう

 

これにもつながる考え方です。
英語で情報収集の一環で、英語で感想をいいたいから
どうしたら表現できるかなと、短い文章でいいから形にしてみるのです。

 

話すでも、書くでもいいです。

 

両方やれれば、両方が一番ですね。書いてからそれを読むでもいいです。
無から考えて、出したものであれば、
アウトプットの手段はなんでもよいですからね。

 

ちなみに両方やったほうがいい理由ですが
口で喋る訓練をすれば、頭の回転やスピード力が鍛えられます。

 

ビジネスシーンでは、最近はメールのやりとりで
解決する世の中になっていますから
文章に起こすという訓練もまた、実践的で役に立ちます。

 

英語で感想を形にする訓練で他の手段

アウトプットの質をあげる英語勉強法をプロが語る

 

ひとりでやるのは、つまらなかったりするので
感想を形にする訓練として、
インターネットを活用することをおすすめします。

 

Youtubeで見た動画の感想を英語で書いてみるとかですね。
英語ニュースなんかでは、yahoo.comがコメントできるようになっているので
それを間違ってもいいので、匿名で書いてみてもいいでしょう。

 

また、自分で無料ブログで自分で学んだことを
アウトプットしていくのもいいかもしれません。

 

これをやっていくことで、自分のアウトプットが正確になりますし
同じ勉強を志す仲間もやり続けたら集まってきます。

 

ブログも匿名でできますので
間違っていても何ら恥ずかしいこととかはないです。

 

アウトプットは少しでも日常的にやったほうがいいです。
まずは、勉強したことに対する感想を英語で表現することから
初めて行くと良いですよ。

 

質問の投げかけをしている英会話教材

アウトプットの質をあげる英語勉強法をプロが語る

 

英語ぺらぺら君の中級編のレビューはこちら

 

英語ペラペラ君の中級編は、1レッスンごとに
質問を投げかけるカリキュラムが組まれています。
ここで、今日の話をした感想を形にするということが
自然にできるようになっています。

 

これでしっかりと1ヶ月間、訓練を真剣にやったら
英語力が身につくので参考までにです。

 

聞いた教材を文字で確認しましょう

アウトプットの質をあげる英語勉強法をプロが語る
文法は、中学英語くらいはできるようになってほしいですが
意識的に文法を学ぶには、実用的なリスニング教材から
実際の使い方を交えて覚えていくことが良いです。

 

その中でも、リスニング教材を聞いたあとに
すぐに、文字で確認するというセットで勉強することでも
インプットとアウトプットの力をあげるのに効果的です。

 

聞いたことを文字で確認することで
「-ed」「-s」などのこういう聞き落としみたいなものを
すぐに確認することで、正しくインプットして行くことにも
つながるので参考までにです。

 

 

独り言を英語にすることをやってみる

アウトプットの質をあげる英語勉強法をプロが語る
英語の勉強をしたあとの感想の延長にはなりますが
例えば、街で散歩したときにふと思ったことを
英語で伝えてみたらどうなるだろう?と考えて見ると良いです。

 

寝る前に、今日1日あったことを
英語で言ったらどうなるだろうと形にしてみるのもいいでしょう。
これを独り言で形にしてみるのです。

 

今日一日あったことを録音して
後日、どんな風にしゃべっていたか確認するのもいいでしょう。
これはスピーキングの練習にもつながることですが参考までにです。

 

人と話す機会があるならば、会話が一番

アウトプットの真骨頂は、会話を実際にすることにあります。
これは、最終的な段階なのですぐにできなくてかまいません。

 

相手に質問をし、意見をさえぎって意見を言ったり
会話ならではのスキルが磨かれます。
これが滞りなく出来たら、問題ない状態と言えるでしょう。

 

この回では、スピーキングに関することは割愛しますが
まずは、アウトプットのコツとしては
思ったことを英語で形にするならどうなるだろうというところを
重点的に頑張って頂ければです。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

アウトプット,英語,勉強法

 

 

 

プロが選ぶおすすめ英会話教材 プロが選ぶおすすめのオンライン英会話講座
アウトプット,英語,勉強法 >>詳しくはこちらをクリック アウトプット,英語,勉強法 >>詳しくはこちらをクリック