MENU

英語勉強を100倍充実させるブロック制度を取り入れよう

英語,勉強

 

ToDoリストを作成しようというお話をしましたが
今日は、1日の割り当て方について解説していきますね。

 

よく、ちょっと休んでから英語学習をしようとか
漠然とやることを1日決めているだけでは
メリハリがつかずに、気がつけばダラダラしているようなことになりかねません。
そんな人は、私から提案するブロック制度を導入してみてください。

 

1日を3、4つのブロックに分けよう!

英語勉強を100倍充実させるブロック制度を取り入れよう

 

私自身も実践していることですが
1日を大きく3つにわけてカテゴライズしています。
とくに、1日余裕のある休日はざっくり切り分けてから
やることの色を決めるようにしています。

 

英語学習を仮にするとしたら
こんな感じできめてみるといいでしょう。

 

午前ブロック

朝8時〜12時

  • 英語の勉強
  • テキストを10ページ進める
  • 問題集を解く

午後ブロック

朝13時〜17時

  • ゆっくり休む
  • 気分転換に、散歩・運動をする
  • 本を読む

夜ブロック

朝19時〜22時

  • リスニング系の勉強をする
  • 洋画鑑賞をする
  • 1日の予定でできなかったことをやり終える時間

 

こんなふうに、ざっくりとでいいので
まずは、やることの属性をきめてブロック分けしておくと
その日の大まかな指針が見える化できるので
今日1日、何をすべきかを自覚することができます。

 

また、ブロック分けをしておくことで
必要以上に、時間をかけすぎて予定通りに
1日を段取りすることができなかったという失敗を防ぐこともできるのです。

 

ブロックごとに、切り替えることで
気持ちもリセットできるので、メリハリができて
1日をだらだらしてしまったという状況を回避できます。

 

休日のブロック制度で「休む時間も取り入れる」

英語勉強を100倍充実させるブロック制度を取り入れよう

 

わたしも、昔やっていたことですが
ちょっと疲れたら休む⇒また頑張る⇒また休む
ひどい時には、30分単位でこういうことを繰り返しては
集中もできずに、対して作業も進まず
充実感のない日を過ごすようなことをしていました。

 

休日と言われるとどうしても休みたくなる生き物ですからね^^;

 

そこで、上記のスケジュール例を見て欲しいのですが

 

休む時間は、徹底的に休むという感じで
時間をとるようにしてください。
しっかり長く休んだほうが、疲れもとれてリフレッシュできます。

 

1日の3ブロックのうち、2ブロックを勉強にあてて
1ブロックをしっかり休むという段取りですね。

 

ちなみにですが、午前中が
一番、人間の脳が活性化しているのと
疲れが出ていない時間帯なので、
覚える系に特化すると能率が良いです。

 

そして、午後にしっかり休んで
夜にリスニングなど、ちょっと疲れてても
大丈夫なジャンルを頑張るといった感じですね。

 

洋画であれば、趣味の延長戦になるので
苦痛にならない人もいるでしょう。
こんな感じで、うまく考えていってもらえたら幸いです。

 

午前ブロック

朝8時〜12時

  • 英語の勉強
  • テキストを10ページ進める
  • 問題集を解く

午後ブロック

朝13時〜17時

  • ゆっくり休む
  • 気分転換に、散歩・運動をする
  • 本を読む

夜ブロック

朝19時〜22時

  • リスニング系の勉強をする
  • 洋画鑑賞をする
  • 1日の予定でできなかったことをやり終える時間

 

あくまで例なので、ここにリスニング勉強を強化する一環で
音読をしっかりする時間帯を入れ込むなど
臨機応変にやってくださいね。

 

そして、TOEICなどの試験前の1週間は
できれば、3ブロックとも学習に割り当てるなど
やるときは、やるというスタイルで頑張りましょう。

 

ちなみにですが、学習に割り当てたブロックでも
30分〜1時間だけ取るということをやってもらっても大丈夫です。
できれば、1ブロックの中間で取るのが理想。

 

このブロック制度を導入することで
「勉強やらないといけないけどなぁ〜」と思いながら
ダラダラして何もしなかったということは間違いなく回避できます。

 

日頃忙しく、働いている社会人の方なんかは
このブロックでメリハリをつければ、しっかり休むことができますからね。

 

ブロック制度の効果は、気持ちの切り替えが生まれるということです。
この気持ちの切り替えによって集中力も出るし
しっかりと休んだと認識できるので、次の日からの疲れも残りません。

 

英語学習がいまいち、うまくいかない人は
ぜひ参考にしていただければ幸いです。

 

まとめ

1日を3ブロックにざっくりわけて段取りを立てよう
午前中に作業系を割り当てると能率がよい
3ブロック中1ブロックを思いっきり休むようにすると良い
ブロック制度を入れることで気持ちがリフレッシュされる

 

このページを見た人は
さっそく実践してみてください。
最後までお読みいただきありがとうございました。

 

英語,勉強

 

 

 

プロが選ぶおすすめ英会話教材 プロが選ぶおすすめのオンライン英会話講座
英語,勉強 >>詳しくはこちらをクリック 英語,勉強 >>詳しくはこちらをクリック

英語勉強を100倍充実させるブロック制度を取り入れよう関連ページ

英会話教材を買ったらまずは一通りすべてのカリキュラムを勉強しよう
1つの英語・英会話教材から毎日1.01倍の学びと成長があれば良い!
英語学習を確実に実行できるToDoリスト作成講座
英語を別のことをしながら勉強するのは本当は効果的なわけ!
英語・英会話を効率よく勉強するサンドイッチ法をプロが新発想で解説!を
東大生も実践!学んだことを忘れない英語の効果的な復習方法
1分ですごい効果が出る英語学習方法とは?
その発想はなかった!風呂場で英語・英会話勉強のすすめ
英語の勉強が続かない人は必見!ダメな自分を抜け出す必勝法
英語勉強でやる気が出ず長続きしない人へのアドバイス
英語はすぐ聞き、すぐ調べる!そうすれば忘れる確率は極めて低くなる
英語はやる気が出てても徹夜で学習はしないことが鉄則とプロが語る
英語学習を効率化したければやらないことを決めよう
英語の勉強中に眠くなってしまった時の仮眠法
英語の学習で集中力を上げる時間勉強法とは?
英語ができる人に相談してメンタルブロックをはずす
英語勉強で学んだ事・聞いた事を「ひとこと」でまとめよう
英語を勉強するな!?英会話力を身に付ける方法とは