MENU

英語の発音を鍛える際の注意点とポイントを英会話プロが解説

英語,発音,ポイント

 

英語の特に発音を音読を通じて鍛えるわけですけど、
自己流で練習する上で、無意識に固定概念で
その単語の発音を認識してしまっていないか?ということに触れます。
これについて補足説明しますね。

 

英語の発音を学ぶ上でのポイント

英語の発音を鍛える際の注意点とポイントを英会話プロが解説

 

私たち日本人は、英語の発音に対して
あまり重要性を認識して勉強をしません。
だからこそ、こういうポイント二気をつけて頑張ろうよということを
的確に解説しているところがあまりないので、シブタクが解説していきます。

 

1つの単語に複数の発音があることを理解

私たちは無意識に思い込みがちなのが
英語の発音は、1単語にあたり1つしかないという考えがあります。
これが間違いの元です。

 

canという単語は、

  • Yes, I can.  (キャンに近い発音)
  • I can do it. (カンに近い発音)

ofに関しても、会話の流れに応じて
「オブ」に近い発音、「ァブ」に近い発音に変化します。

 

英語の場合、アクセントの強弱がつく言語なので
強く読まれるとき、弱く読まれるときで音が違うことがあるのです。

 

ちょっと形式上、カタカナ表記をしてしまいましたけど
本来はカタカナで認識して発音することはよくありません。
日本語の音階で何とかしようとしているものになりますので…。

 

1つの英単語で、アクセントの強弱によって
複数の発音があるということを理解した上で発音・聞き取り練習をしましょう。

 

音のメリハリを意識して音読する

  • 私の名前は、シブタ タクヤです。
  • My name is Takuya Shibuta.

日本語と同じような調子になった音読になってないか要確認です。
日本語は、もともと音の強弱でメリハリをつける言語ではないので
油断すると、英語も日本語のような一定の調子で音読しがちです。

 

でも、イメージとしては
こういう風な強弱で発音できなくてはいけません。

 

My name is Takuya Shibuta.

 

これでいったら、「name」と「takuya」を
強めに発音するイメージです。
日本語のような調子の発音練習になっていないかを意識して頑張りましょう。

 

口の体操をして英会話発音に備えよう

とある英語学習本には、英語と日本語の違いは
口の力の入れ方だという話がありました。
日本語にない発音を出すには、口の使い方が
かなり重要になります。なので、次のような部分を意識した
体操をやりましょう。

 

舌の動く距離

Rを発音するときは、舌を巻く
THを発音するときは、舌先を少し出して上の歯にくっつける

 

舌に入るチカラ

LとNを発音する際は、
上の歯茎のところに強く押し付ける

 

唇に入るチカラ

Mを発音する際は両唇を強く押し付ける

 

息の強さ

複式呼吸で息を強く出す!

 

これらを口の体操も兼ねて
意識して動かしつつ発音の練習を
音読で頑張っていくと英語力の力が身に付きますので
日々がんばっていきましょう。

 

英語,発音,ポイント

 

 

 

プロが選ぶおすすめ英会話教材 プロが選ぶおすすめのオンライン英会話講座
英語,発音,ポイント >>詳しくはこちらをクリック 英語,発音,ポイント >>詳しくはこちらをクリック