MENU

英語で速音読と速読をうまく活用していく方法

英語,速音読,速読

 

音読にしろ、普通の黙読にしても
ある程度の速さみたいなものは求められます。

 

速読を勉強に使うのはダメなのは
速読、速聴はするな!速音読のすすめの方でも
解説させていただきましたが
TOEICなどの試験とかでは、必要になる場面が出ますので
あくまで試験対策のためということで、使ってくださいね。

 

速読が身につく具体的な訓練法

英語で速音読と速読をうまく活用していく方法
何度も言いますが、普段の英語勉強で速読をしないでくださいね。
自分の意味がわかるところだけを、ザッピングする行為で
英語力を身に付ける営みではないのですから。

 

でも、テストなんかでは、時間も限られていますし
速読が、自分の意味がわかるところの吸い上げ行為ですから
テストではやって意味があるのは事実です。
では前置きが長くなりましたが、早速、解説していきましょう。

 

速音読で、まずは常識的なスピードを理解する

英語で書かれた長文を、闇雲なスピードで見たとしても意味がありません。
まったく理解できずに、読み直しみたいなことになっては本末転倒ですからね。

 

速音読のすすめ

 

こちらのページで、英語学力のアップにもつながる
速音読のお話をしています。これを体験してコツを掴んだあとに
速読をやってもらえたら良いです。

 

TOEICなどの試験を想定するならば
最初は「口パク」で読みすすめてみるとよいでしょう。

 

細かいスペルを見ずに、遠目でぼんやり読み取る

読み飛ばすのではなく、かといって
スペル1個1個を丁寧に見るわけでもないです。

 

私たちは、極端な話ですけど
英単語を雰囲気で読み取ることができる生き物です。

 

間違い探しです。どこが間違っているかわかりますか?

英語で速音読と速読をうまく活用していく方法
まず大前提ですが、この中に「間違いがあります」と言われなかったら
間違いがあることにすら、気づかずに「意味だけは理解している人」は多いと思います。

 

左の画像は、クイーンズ(Queens)のeが1つ多い
右の画像は、ストリート(Street)の最初のeがrになってて何故か複数形になってます。

 

これが、遠目でぼんやり見るということです。
ある程度、英語力が身についている前提にはなりますけど
速読する際は、スペルの正しさみたいなものは気をつける必要がなくて
単語の輪郭や雰囲気で意味を理解しています。

 

人の脳は、速読でごちゃごちゃと単語を詰め込んだとしても
ある程度は、雰囲気的なところで理解できるようになっているのです。
だから、英単語1つ1つを丁寧に読む必要はないということを覚えていてください。

 

行の最初と最後を指で「トン、トン」と叩く

英語で速音読と速読をうまく活用していく方法
ペンでも大丈夫なのですが、
あなたが読もうとしているテキストの最初の行と、最初の行を
「トン、トン」と叩きます。

 

目が、最初と最後に流れる指を追うことになるのですが
その過程で「英文が飛び込んできている」はずです。

 

これは、わたしも受け売りになるんですけど
実際にやってみると、2つのことが体感できました。

 

  • 自分が理解できる速読スピードを知ることができる
  • 英文を漏れなく速読することができる

 

指が最初と、最後を叩くまでのスピードで目が動くので
その内容を理解しようと頭が働いてくれます。

 

これによって、自分が理解できる速読のスピードの限界を知ることができるし
速読力をさらに鍛えようと思えば鍛えれます。

あくまで、試験対策として考えてくださいね。
本来は、丁寧に音読して精読していくことで
英語力はアップしていくものですから。

 

英検、TOEICの試験なんかでは、
これができると重宝するのは確かです。

 

私自身は、速読は、「英語学習に効果なし」と言っているのは
実は過去に、速読に興味をもってやっていたことがあるからです。

 

でも、唯一役に立ったのが今回も紹介しているテスト対策です。
これができるだけで、例えばTOEIC試験なんかでは
10〜15分くらい余裕を残して、終えることも普通にできているので
見直しして、凡ミスがないかなどをチェックすることもできたのは確かです。

 

速読に関しては、普段は練習する必要はありません。
試験前の1週間くらいに、これをやろうくらいの気持ちでいきましょう。

 

速読練習ができそうな面白い本やテキストをみつけよう

英語で速音読と速読をうまく活用していく方法
おすすめは小説ですね。
テスト対策系の英文でも良いのですが

 

何度も繰り返し練習すると、
速読以前に読まなくても覚えている状態になっている
可能性があるので意味がありません。
物語やストーリーものの英語の小説を読んでみましょう。

 

ハリーポッターなど、日本でもストーリーが終えるような
内容だとわからない部分があったとしても
背景知識みたいなところでカバーできたりもするので
こういうところに気をつけて、面白い本を探してみてください。

 

どうしても、英文を早く読まなければいけない機会に備えて
参考になれば幸いです。

 

何度も繰り返して、恐縮ですけど
普段の英語学習で速読をして時間を効率よくしていこうとは
絶対に考えないようにしてください。
あくまで、試験対策のためだけと割り切ってやっていただけると助かります。

 

 

英語,速音読,速読

 

 

 

プロが選ぶおすすめ英会話教材 プロが選ぶおすすめのオンライン英会話講座
英語,速音読,速読 >>詳しくはこちらをクリック 英語,速音読,速読 >>詳しくはこちらをクリック