MENU

英語が苦手で克服したいと悩んでいる方へのアドバイス

英語,苦手,克服
英語の勉強を頑張っているけど
学生のときから、英語の点数が悪かったという
苦手意識のある人は、英語力が身につかないのでしょうか?
これについて解説していきますね。

 

英語学習で結果が出る人の5つの要素

英語が苦手で克服したいと悩んでいる方へのアドバイス

1:年齢が若いほど、取得スピードが速い
2:母語が学習対象に似ていること
3:言語学習適性が高いこと
4:動機付けが強いこと
5:学習方法が効果的であること

 

この中で自分で変えれるのは「動機づけ」「学習方法」の2つだけです。

 

私たちは、英語学習をする上で
ココだけに集中してやるしかないとも言えます。

 

(1)、(2)、(3)は、該当しなかったとしても取得できないかと言われたら
そんなことは、絶対にありません。あくまで身につくスピードとかそういうところに
影響が出る程度ですからね。

 

また、英語学習の適正能力ですが
これは、「あるか」「ないか」ではなく、相対的に見て高いか低いかです。

 

ちなみに、最初から適正能力が高いというわけでもなくて
学習して一定の理解が深まってから、急に学習の適正能力があがって
スムーズに英語の知識を吸収できるようになる人もいます。

 

うまくなる人が、最初から英語学習の適正値が高いかと言われたら
そんなことは決してないということです。

 

つまり、いま苦手意識があったり、なかなか覚えれない人がいたとしても
その時点で諦めたらもったいいのです。

 

外国人が日本人より英語取得できる人が多い理由

英語が苦手で克服したいと悩んでいる方へのアドバイス

 

強い動機の存在

これが一番の要因であると思います。
とあるアマゾン地域では、必ず「すべてに人」が
第二言語、第三言語を話さなくてはならないというところがあります。

 

同じ言語を話せる人じゃないと
結婚できないという強い制約(動機)の要因が大きいです。

 

結婚したい人は、嫌がおうにもやらなければいけないのです。
第二言語を取得しないと結婚できないのですから。

 

英語の取得に関しては、「学習法」と「動機」が
アナタにマッチしたら、誰でも可能です。

 

最大限効果を上げる英語・英会話教材の特徴

 

こちらにも、「学習法」と「動機」の視点で詳しく解説さえていただいておりますので
あわせてご確認いただければと思います。

 

  • 強い動機づけをキープすること
  • 正しい学習法を続けること

 

この2つがあれば、英語学習は絶対に成功するのです。
また、これ以外にも大雑把に英語学習で乗り越えるべき壁が存在しています。
この3つは、正しい学習法をやっていれば、自然に乗り越えれるものです。

 

英語適正を支える要因

音(聞き取り・発音)の適正
文法・熟語の理解の適正
暗記力(覚える力)の適正

 

暗記力に関しては、どうしようもないですけど
音の適正、英語ならではの文法の適正というのは
理解を深めることで、適正能力がアップしていきます。

 

英語の学習を深める事に、ある一定の段階で
急に理解のスピードが上がっていった人がいるのはこのためです。

 

それに、全部が優れてなくてもいいです
部分的にでもいいので、強化していけば不得意な部分
例えば、聞き取りは苦手だけど、語彙力の方をたくさん伸ばしたような感じでいくことで
音の聞き取りの方も改善できていくというデータもあるのです。

 

リスニングが苦手だから、リスニングは全くしないというわけにもいかないのですが
得意分野や理解できるところから最初はやっていくことが大事になります。
そうすれば、長続きしますので、頑張っていきましょう。

 

最大限効果を上げる英語・英会話教材の特徴

 

こちらに、強い動機づけを作って成功した人の事例
ほとんどの人は、持っている欲求で再現性はある方であるという話をしていますので
あわせてご確認くださいね。

 

英語,苦手,克服

 

 

 

プロが選ぶおすすめ英会話教材 プロが選ぶおすすめのオンライン英会話講座
英語,苦手,克服 >>詳しくはこちらをクリック 英語,苦手,克服 >>詳しくはこちらをクリック