MENU

英会話教材でリスニングとスピーキングにどう向かい合うと良いか?

英会話教材,リスニング,スピーキング
英会話教材を購入したあとの勉強法に関しては
いろいろな切り口で解説させていただいていますけど
事前に知っておいて欲しい内容をピックアップして
紹介させていただきますね。

 

 

リスニングの正しい向き合い方と理解

英会話教材でリスニングとスピーキングにどう向かい合うと良いか?
英会話教材は基本的に、リスニングに重きを置いているわけですけど
はじめの方にもさんざん解説しましたが、なるべく初めのうちは
初心者向けのどちらかといえば、早くないスピードの教材が理想です。

 

でも、ナチュラルスピード(自然な会話速度)で
英語の会話をされた際に、文字と音として入ってくる
情報がかなり変わって聞こえることを事前に理解しておきましょう。

 

「Let it be」がエルピーと言っているようにおそらく聞こえます。

 

これは、最初の「l」が弱く発音されて
「b」「t」は無音に近い音なので結果として
「p」に近い音になってしまうことで、このように聞こえるのです。

 

こういう消える音や組み合わさることによって
違うように聞こえることになれていく必要があります。

 

これは、簡単な英会話教材を最初に選んで欲しい理由にもつながるのですが
はじめのうちは、面倒でもやってほしいことがあります。

 

音声を聞いて、書き取る勉強

「音の変化」に慣れる方法としておすすめするのが
ディクテーションという、リスニングで聞いた会話を
書き取ってみるという訓練です。

 

1回の聞き取りでできなくて良いです。
はじめのうちは、2,3回繰り返し聞いた上で
理解できた文章や単語を書きとっていきましょう。

 

わからない部分は、無理に考え込まずに
カタカナで聞こえた音をとりあえず、書いておくとか
余白にしておくなどして、一通り通していくのです。

 

そして、終わったら答え合わせをして

 

  • 純粋に知らない英単語・文法が使われていたのか?
  • 音の変化がしていることで聞き取れなかったのか?

 

これを初期のうちは、面倒でしょうけどやっていみてください。
だから、初心者は1レッスンが簡単な構成になってて
なおかつ、テキストとして音声の文章があるものを利用することが大事になります。

 

初心者に最適な英語教材の選び方

 

社会人の英語教材選びのポイント

 

こちらでも紹介はさせていただいておりますが
この教材をどういう目的で使っていくかを想定して
選ぶようにしていくようにお願いしますね。

 

スピーキングを伸ばすにはどう取り組むべきか?

英会話教材でリスニングとスピーキングにどう向かい合うと良いか?

 

リスニング勉強法やスピーキング勉強法でも
いろんな形で解説していますので、合わせてみてほしいのですが
「音読のすすめ」ということで推奨させていただいています。

突然、英語が聞き取れるようになった
突然、英語が話せるようになった

 

これに関しては、昨日まで全くできなかったけど
次の日、急に話せるようになったとかそういう類のものではありません。

 

アウトプットの質を高めよう

 

突然話せるようになる効果的音読学習法

 

ただこの領域になるには、一朝一夕でできるものではなくて
地道な努力を継続した先に会得できるものになります。

 

リスニングの章、スピーキングの章でキーポイントとなる
「音読」を推奨させていただいておりますが、これを繰り返すことで
知識として定着していくので、公園とかで
ふと思ったことを英語で話すとしたらどうだろう?と

 

考えたときに、とくに抵抗なく文章が出てきて話せたら、
そのタイミングを突然話せた日と認識する人はいるようです。

 

 

 

こつこつマイペース勉強と集中勉強のミックス

英会話教材でリスニングとスピーキングにどう向かい合うと良いか?
毎日、1時間〜2時間
雨の日も風の日も、どんな日であったとしても
マイペースでコツコツ頑張る人と
時間が取れた時だけ、集中的に取り組むスタイルの人がいますが
どちらが効果的かについて、ちょっと補足解説しますね。

 

結論を言えば、どちらもやるべき

 

こういう結論になります。
これは、わたしも英語学習で力が身についた人達に
いろいろと触れ合うことで、わかったことですが

 

たまーに、普段はコツコツ頑張って
1週間は「英語漬け」するスタイルで頑張っている人が
成長するスピードが早い傾向にあります。

 

この集中するタイミングですが
英語の試験対策の際に、試験前1週間を集中するという
ローテーションをやる程度で大丈夫です。

 

英語試験対策によるメリハリがアナタの潜在能力を引き出す

 

こちらに、詳しく解説していますので
あわせて読んでみてください。

 

ちなみに、こつこつ頑張るといっても
3年で100時間頑張る人と、1年で100時間頑張る人では

 

1年で100時間頑張る人の方が、学習効率が良いです。

 

英会話教材を120%使い倒して、アナタの血肉とする方法を解説しましたが
各パートでいろいろと勉強法について細かく解説していますので
あわせて読んでみて下されば幸いです。

 

英会話教材,リスニング,スピーキング

 

 

 

プロが選ぶおすすめ英会話教材 プロが選ぶおすすめのオンライン英会話講座
英会話教材,リスニング,スピーキング >>詳しくはこちらをクリック 英会話教材,リスニング,スピーキング >>詳しくはこちらをクリック